借金による転職への影響とは

借金は金銭的な面のみならず、様々な場面で影響を及ぼす場合もあります。お金を借りている本人が転職や就職活動を行う場合、不利になることはあるのでしょうか。
結論から言うと、不利になるかどうかはその企業によってい異なります。建設業や製造業の場合応募した時点では借金の有無がわからないため、影響を及ぼすことは無いと言えます。面接などで借金の有無について質問されることも考えられますが、その他の流れの中で、転職や就職に際してわかってしまう可能性は低いと言えます。反対に金融業界への転職や就職を希望している場合は、合否の結果に影響を及ぼすことも大いに考えられます。銀行やカード会社、信販会社や消費者金融などへの転職は、難しいと考えてよいでしょう。クレジットカードも借金の一種と考えられているため、利用状況などを確認される場合もあります。この場合、個人信用情報機関に照会し確認を取ります。
この様に不利な影響を及ぼす場合も多くみられますが、中には借金がありながら金融業界への転職を果たした人もいます。このことから、お金に関する情報で採用のすべてが決定される訳ではないので、自分の望む職種や業種に応募していくことが大切であると言えます。